安定した住宅営のために|効率のよい不動産売却で確実な利益を得る|注目のマンション投資
つみき

効率のよい不動産売却で確実な利益を得る|注目のマンション投資

安定した住宅営のために

男の人

家賃の滞納リスクに備える

賃貸住宅の経営はさまざまな資産運用方法の中でも安定度の高さに定評があります。住宅というものはどんな状況下でも常に需要があり、景気や金利動向にあまり影響されることがありません。入居者さえ確保できれば、一定の収益を長期にわたって確保することが可能です。ただし、収益の安定化を実現するには1つ条件があります。それは、家賃債権が毎月必ず履行されることです。賃貸経営の「投資対象」は有価証券や貴金属と異なり、入居者という生身の人間です。家賃の未納や滞納といったリスクは不可避の事象です。そのため、オーナーは常にリスク回避の手段を講じておく必要があります。そんな中、入居者の家賃滞納に備えるための手段として最近注目を浴びているのが、家賃保証会社の利用です。

入居者にもメリット

家賃保証会社とは、賃貸住宅の入居者が家賃等の債務を履行しなかった場合、代位弁済を行う会社のことをいいます。この債権には月額家賃のほかに原状回復工事に必要な費用なども含まれます。従来の一般的な賃貸契約にあっては、連帯保証人を立てることによって滞納等に備えるのが通例でした。しかし最近では入居者の高齢化等によって保証人の選定が困難になるケースが増えており、契約手続きに支障が生じるようになってきました。こうした場合に家賃保証会社を利用することで、オーナーは連帯保証人を選定しなくても債権確保のための保証が得られることになります。加えて、保証人を立てなくても賃貸住宅への入居がかなうことになるため、家賃保証会社の利用は入居者側にもメリットをもたらします。